ルテインと目の健康

ルテインという言葉は目の働きをよくする
サプリメントに含まれていて良く聞きます。

ルテインには紫外線など外部からの刺激や
活性酸素から網膜を保護してくれます。

ルテインは緑黄色野菜や果物などに含まれる
カロテノイドの一種で強い抗酸化作用を
持っています。

ルテインは人の目の中の黄斑部や水晶体に
たっぷりと存在し、有害な光から目を守り、
発生する活性酸素を除去してくれます。

有害な光の代表的なものは紫外線ですが、
最近ではスマホやパソコンなどから発する
ブルーライトと言われる人工的な光が細胞に
大きなダメージを与え、水晶体のたんぱく質が
活性酸素によって白く濁ってきます。

しかし紫外線やブルーライトなど有害な光りから
網膜を守ってくれるルテインは40代から50代に
なると減り始めます。

70代では20代の3分の1にまで減る
といわれているのです。

すると外からの光から目を守る働きも
どんどん落ちて白内障や加齢黄斑変性症
などの目の病気にかかりやすくなったり、
目が疲れやすくなったりぼやけて見えたり
するなどの症状が出てきます。

ルテインと同じでカロテノイドの一種の
ゼアキサンチンという成分も強い抗酸化作用
を持ち、ルテインとともに目の黄斑部に存在
していて白内障や加齢黄斑変性症の予防に役立ちます。

ゼアキサンチンはルテインと同じで紫外線やブルーライト
などの有害な光から黄斑部を守ります。

そして数ある活性酸素の中でも、特に細胞への攻撃性が高い
一重項酸素に抗酸化作用を発揮します。

ゼアキサンチンは体内に存在するのですが、生成することが
できないため、黄斑部がダメージを受けて力を発揮すれば
するほど減っていってしまうので、そのまま減り続ければ
白内障や加齢黄斑変性症などのトラブルを招くリスクも
高まります。

ルテインもゼアキサンチンも目の中に存在して
有害な光や活性酸素から目を守っているのですが、
ゼアキサンチンは黄斑部の中心部に、ルテインは周辺に
多く存在するためルテインとゼアキサンチンを一緒に
摂取するのが効果的です。

加齢で減少した成分を食物でから摂取するなら
ホウレンソウやパプリカ、ニンジンなどの緑黄色野菜を
成分をさらに引き出してくれる脂やバターなどの脂分を
使って調理することで効率よく摂取できます。

しかし、毎日の食事で必要量摂取するのが難しいなら、
どちらの成分も配合されたサプリメントを利用するのが
ベストです。

このように体のケアは必要ですが、とりわけ
目の健康は重要です。

現代の車社会で目の健康は極めて重要です。

よって目のケアは大切ですが、愛車のケアも
大切です。

特にタイヤは消耗品です。

加えて、季節に応じて、タイヤを履き替え
る必要があります。

ですが、消費税増税の影響で簡単に買い替え
するのが難しいですよね。

そんな時にはオートウェイです。

有名ブランド品のものと品質においては
全く劣らない、しかも値段もお手頃な
タイヤが購入出来ます。

今や有名ブランド品でなくても、品質は
全く問題ないです。

ブランドに踊らされますが、やはり品質重視
で商品を選ぶのがベストかと思います。