住宅ローンの審査になかなか通らない人がいるのはなぜでしょうか

住む家を新しく買う時には、購入資金を調達するために住宅ローンを組むという人が大半ではないでしょうか。住宅ローンを利用するには審査がありますが、人によっては審査をクリアできないようです。

審査の基準は金融会社によって違っていますが、どの金融会社でも断られる理由に、ブラックリストがあります。ブラックリストという言い回しは比喩的なもので、かつてキャッシングの返済を大幅に伸ばしたことがある人などを表現しています。カードローンや、クレジットカードなどの金融商品を利用した時に、返済トラブルを起こしたことがある人のことです。返済不能状態に陥って、債務整理をしたという人も、該当します。延滞などの事故情報は5年間、自己破産をした時は10年間、信用情報会社の履歴には残されています。こういった記録が信用情報会社に残されていると、住宅ローンの審査はクリアできないようです。また、消費者金融会社に対して、限度額いっぱいの融資を受けている人が、住宅ローンの審査を受けても、まず通ることはありません。住宅ローンの審査に不利になる人として、派遣社員など収入が安定しないような人も含まれます。年収が金融機関の設定している基準を超えていない人や、勤続年数が短い人も、不利になるようです。貸したお金を確実に返してくれる顧客かどうかを見極めるために、金融会社は審査を行っていますので、不安要素があると審査では不利になるのです。big-wave