高値の花に執着してしまった後悔が残る人生

私はすでに65才の高齢者です。
このことは高校生の時の話ですから、47年も前になります。
公立高校なので共学であった訳ですが、クラスの中には特段に目立つ存在の女性がいたのです。
次第に分かってきたことですが、

彼女はこの高校には似合わない程の程の秀才であったのです。
彼女とは名前の五十音が近かったことで、同じグルーブ゜となることが多くあり関心は深まるばかりです。
就職してからもやはり思いは強く残り、とうとう意を決して電話をして合う約束を取り付けたのです。
しかし、返事は会った時からのそっけない反応で分かりました。
それからが、悲劇的な人生の始まりとなったのです。
結婚適齢期となったのに相手がなかなか決まらずに、大変に苦労したのです。
相手に対して臨む基準が、彼女の影響で高過ぎたことが原因であったのは間違いないことでした。
結局、結婚したのは40才近くになり、結果的に人生で彼女に執着し過ぎたという後悔のみ残りました。

エステやサロン通いに迷いがあるなら家庭用脱毛器がオススメ!