友人と一緒に勉強をするという楽しみ

私にとって最高の思い出になっていることは、大学で友人と国家試験の勉強をしていた時でした。
大学4年生の夏から、2月の試験に向けて国家試験のための勉強を始めました。
勉強をはじめたばかりの頃は、

ひとりで黙々と勉強をしていたのですが、後半になると、ひとりでは理解が難しくなることも多く、友人と情報交換時ながら問題を解いていました。
勉強を主にしながらもたまに外出に行ったり、食事に行ったり楽しい時間を過ごすことができました。
この時は、食事をしている時でも試験の内容について話していることが多く、自分たちしか知らない暗号で会話をしているような気持ちになっていました。
その経験も私にとって、とても楽しい時間でした。

あのように、一生懸命何かに取り組むという期間は人生の中でも少ないと感じます。
同じ試験のために一緒に勉強をするということも学生まででしかできない経験であるため、とても貴重な経験ができたと今でも思っています。

エステやサロン通いに迷いがあるなら家庭用脱毛器がオススメ!