新現代病 ストレートネック

近年、パソコンが仕事で必要不可欠になり液晶画面を見る時間が増えています。

また、携帯もスマホが主流になって四六時中スマホを見る方が増えています。

どちらも共通しているのは、長時間同じ姿勢で画面を見るということです。

姿勢が悪い! 顔を前に出して長時間同じ姿勢でいるために首がうつむいた状態で固定されてしまいます。

これがストレートネックというもので、新現代病と呼ばれています。

ストレートネックになると肩こり、頭痛、首こり、腰痛、めまい、イライラ、疲れる、等のさまざまな症状がでます。

このため新現代病と呼ばれています。

もちろん、これらの症状がすべてストレートネックであるという訳ではありません。

ストレートネックになるとこれらの症状が出るということです。

ではあなたがストレートネックであるかどうかをチェックしましょう。

壁にかかとをつけ起立します。その時に後頭部がすんなり壁に付かないなら、あなたはストレートネックかもしれません。

正常な人の首の骨、頸椎は緩いS字状にカーブを描いています。ストレートネックは頸椎が真っ直ぐに伸びた状態です。

これを正常な状態に戻す必要があります。

そのためには普段から正しい姿勢で生活しなければなりません。

ストレートネックになると椅子に座る姿勢も歩く姿勢もすべて前かがみになります。

意識して改善しなければ治りません。

思い当たる人は普段から姿勢に気を付けてください。

 スローコア ストレートネック矯正枕