スムージーは美味しいが知らないと損する効果

スムージーは最近の健康志向と相まって人気が高くなっています。

でも人気の高いスムージーですがここで注意して戴きたいデメリットがあります。

それは・・・・・・

スムージーには次のデメリットがあることを覚えていてください。

身体が冷える、吸収が悪い、遅延型フードアレルギーを引き起こしやすい、食材の摂り合わせで効果を落とすことがある

などのようなデメリットがあります。

しかし、デメリット以上にメリットが多いのも事実です。

グリーンスムージーは、素材の持つ酵素を壊さないようグリーンスムージーで飲むのが一番なのですが、氷と一緒に作られるので冷たい状態で出来上がります。

特に朝スムージーを飲むことで燃焼しにくい体温の上がらない状態になってしまいます。

また、同じレシピを続けがちなので「遅延型フードアレルギー」を誘発しやすい状態になります。

レシピはなるべく毎日変えた方が良いのです。

食材の組み合わせによっては、せっかくのビタミンを他の食材が破壊する可能性があります。

たとえばニンジンに含まれる「アスコルビナーゼ」はビタミンCを破壊します。

また、でんぷん質を多く含むイモ類などの野菜と糖分が多い果実類などを同時に摂取すると消化しにくくなるので、腸内でガスが発生しやすくなります。

このような注意点を頭に入れてスムージーを飲むと効果はワンランクアップします。

 

GREEN SPOONは健康&ダイエットに向いたスムージー